桂林日本語協會-集英外國語學校網站
   
 
 
 
 
現在位置 >> 首頁 >> 鄧小平訪問日本
桂林日協-集英外國語學校
0773-2868208
13507732556
QQ
421593706
辦公室主任:秦老師
桂林解西秀峰區文化館三樓
在線
 
鄧小平訪問日本

1978年は、中國の國家戦略に大きな転換が起こった年だ。中日両國は同年8月、「中日平和友好條約」を締結。続く10月22~29日、鄧小平氏が、中國の指導者としては戦後初となる正式訪日を行った。この訪問は、「中日平和友好條約」の批準書交換セレモニーに出席するためのものだったが、鄧小平氏にとっては中國近代化の大戦略を準備するための學習の旅でもあった。中國共産黨第11期中央委員會第3回全體會議の直前に実施されたこの旅の中で、中國の改革開放の総設計者である鄧小平氏は、改革開放の壯大な青寫真を心に描き、中國をいかに発展させていくかを考えていた。

訪日した鄧小平氏は、東京の記者クラブで記者會見を行い、高い注目を浴びた。記者會見には、共同通信?時事通信?ロイター通信?UPI通信?AP通信?AFP通信?DPA通信など有名通信社から400人余りの記者が駆けつけた。中華人民共和國の指導者が「西歐式」の記者會見を行ったのはこれが初めてだった。

中國の近代化に関する質問を受けた鄧小平氏は、実務的で開放的で率直な自らのスタイルを西側記者らに示し、「我々は、今世紀末までの近代化実現を掲げている。そこでいう近代化とは、その頃(20世紀末)の世界の水準に迫った近代化を指す。世界は飛躍的に発展しており、その頃の水準、例えば日本のその頃の水準は、現在の水準を超えたものとなっていることだろう。我々にとっては、日本や歐州や米國の現在の水準に達するだけでも容易ではない。22年後の水準に達するのはさらに困難だ。我々はその困難をはっきりと認識した上で、このような遠大な志を立てた」と答えた。

鄧小平氏は、近代化を実現するための心得として、「正しい政策を作るには、學ぶことがうまくなければならない。そうすれば、海外の進んだ技術と管理方法を我々の発展の起點とすることができる。まず必要なのは、我々が遅れていることを認めることだ。遅れていることを素直に認めれば、希望が生まれる。次に、學ぶことがうまくなければならない。今回日本を訪れたのも、日本に教えを請うためだ。我々は全ての先進國に教えを請う。第三世界の貧しい友人たちが培ってきた価値ある経験にも教えを請う。このような態度?政策?方針に基づいてこそ、希望を持つことができる」と語った。

鄧小平氏は、遅れていることを認めることの必要性について、「容貌が醜いのに美人のようにおしゃれしてはいけない」とユーモアに富んだ表現でこれを説明し、會場に笑いを巻き起こした。記者たちは、このような率直な態度こそ中國再興の希望のありかだと納得した。

鄧小平氏は訪日中、日本社會黨?公明黨?民社黨?新自由クラブ?社會民主連盟?共産黨の野黨6黨の代表と會い、15分間の懇談の席を持った。鄧氏は懇談中、秦の始皇帝の命を受けた徐福が不老長壽の薬を探すために日本に渡ったという故事を思い出したためか、ふと話題をかえ、「日本には不老長壽の薬があると聞いている。今回の訪日の目的は、第一に、批準書を交換すること。第二に、日本の古き友人たちの努力に感謝を示すこと。第三に、不老長壽の薬を探すことだ」と語り、會議室を笑いで満たした。鄧氏はさらに、「つまり、日本の豊かな経験を求めるために來たのだ」と楽しげに付け加えた。鄧氏の話は各黨代表のユーモアを誘い、薬に関する話題で會議室はひとしきり盛り上がったという。

8日間の訪日期間中、鄧小平氏は時間を作り、新日鉄?日産?松下の3社を見學した。新幹線で東京から関西方面に向かう途中、感想を聞かれた鄧氏は、「速い。とても速い。後ろからムチで打っているような速さだ。これこそ我々が求めている速さだ」「我々は駆け出す必要に迫られている」「今回の訪日で近代化とは何かがわかった」と語った。

新日鉄の君津製鉄所を見學した鄧小平氏は、工場の設備や技術について詳しくたずね、日本の進んだ生産と管理の経験をそこで研修する中國人労働者に紹介してほしいとの希望を口にした。同じように進んだ工場を中國にも建てたいという鄧氏の決意を示すものとなった。この決意こそ、その後の上海寶鋼での中日協力実現を促した。

松下電器への訪問時、電子レンジなどの新製品の展示室を鄧小平氏が見學した際にも印象的な一幕があった。松下の案內員が電子レンジの機能を説明するため、一皿のシューマイを加熱して鄧氏に見せた。鄧氏は突然、シューマイをつまんで口に放り込み、「なかなかおいしい」と感想を述べたのだ。松下の従業員らもこれには驚き、何でも試してみるという鄧氏の精神を稱賛した。

鄧小平氏の訪日後、中國には「日本ブーム」が沸き起こった。多くの視察団が日本に赴き、多くの日本人の専門家や研究者が中國に招かれた。中日政府のメンバーによる會議も相次いで行われた。官民の各分野?各レベルの交流は日増しに活発となり、経済?貿易?技術での両國の協力は急速に発展した。

Page top↑

中國翻譯網易價網快易典法語學習網情報通中國語翻訳EMBA123考試網日語在線翻譯卓越WAP站長網日語培訓學校日語在線詞典日語交友網站 日語在線詞典翔飛日本留學網上海翻譯公司英語培訓DHC樂淘網雅思培訓淘寶商品銷量搜索綜合雜貨推薦商家韓語學習網德語學習網俄語學習網導游 家教網 明星藝術2 集英外語學校
桂林日本語協會-集英外國語學校:提供豐富的日語資訊和互動社區學習內容,是桂林最大的外語培訓基地,設有以下教學部門:桂林日語培訓部、桂林英語培訓部、桂林韓語培訓部、桂林法語培訓部、桂林西班牙語培訓部、桂林泰語培訓部、日本留學咨詢部。讓你足不出戶就能提高和培養各門外語的學習和應用能力。

< 桂林日本語協會-集英外國語學校 桂林旅游高等專科學校外語系 廣西師范大學外語系 日本岡山華僑總會 >
桂林市日本語協會 備案序號:桂ICP備09005931號    http://www.miibeian.gov.cn   
網站技術指導聯系99857887@qq.com
  網站地圖--MAP

缤果彩票 噶尔县 | 云安县 | 安吉县 | 鄂尔多斯市 | 交城县 | 浦城县 | 鲁甸县 | 印江 | 奉新县 | 辽阳县 | 荆州市 | 定陶县 | 沈丘县 | 连州市 | 丘北县 | 红桥区 | 城口县 | 环江 | 长白 | 噶尔县 | 高阳县 | 望江县 | 彭水 | 图们市 | 平泉县 | 珲春市 | 余江县 | 大安市 | 秭归县 | 定州市 | 得荣县 | 广东省 | 平定县 | 洛南县 | 长乐市 | 波密县 | 藁城市 | 姜堰市 | 确山县 | 陇川县 | 高邑县 | 成安县 | 乌兰察布市 | 禹城市 | 峨眉山市 | 宣恩县 | 嵩明县 | 年辖:市辖区 | 江津市 | 于都县 | 宜兰县 | 巴彦县 | 吴川市 | 日土县 | 怀柔区 | 马山县 | 大渡口区 | 石门县 | 巴楚县 | 工布江达县 | 寻甸 | 嘉定区 | 张家川 | 黔东 | 无为县 | 通榆县 | 沙田区 | 西华县 | 改则县 | 门源 | 井研县 | 乌审旗 | 石棉县 | 沿河 | 西华县 | 巨鹿县 | 定州市 | 土默特左旗 | 辽宁省 | 武邑县 | 长治县 | 岑巩县 | 高安市 | 东城区 | 高密市 | 湖口县 | 革吉县 | 新巴尔虎左旗 | 云阳县 | 亚东县 | 台中县 | 卓资县 | 灯塔市 | 赤城县 | 油尖旺区 | 河源市 | 万源市 | 光山县 | 库伦旗 | 石屏县 | 启东市 | 广安市 | 东乌珠穆沁旗 | 弥渡县 | 襄汾县 | 即墨市 | 韶关市 | 兴安县 | 兴业县 | 体育 | 临城县 | 临猗县 | 新闻 | 新蔡县 | 泰安市 | 灌南县 | 澄城县 | 龙海市 | 馆陶县 | 江川县 | 灵丘县 | 瑞金市 | 三穗县 | 肇州县 | 大足县 | 金阳县 | 东乡族自治县 | 曲沃县 | 绥棱县 | 大城县 | 赤峰市 | 格尔木市 | 遂溪县 | 松溪县 | 武邑县 | 彭山县 | 襄垣县 | 泸溪县 | 邢台县 | 新野县 | 阿勒泰市 | 大石桥市 | 湘阴县 | 什邡市 | 文山县 | 康马县 | 花莲市 | 腾冲县 | 佛山市 | 德化县 | 苏州市 | 太仆寺旗 | 安龙县 | 天门市 | 额尔古纳市 | 大埔区 | 松溪县 | 镇沅 | 九台市 | 井研县 | 泸水县 | 车致 | 永靖县 | 红桥区 | 融水 | 北流市 | 大新县 | 万年县 | 乌审旗 | 玉田县 | 山阳县 | 福安市 | 平凉市 | 潢川县 | 军事 | 磐安县 | 夹江县 | 阿克陶县 | 朝阳市 | 常德市 | 宜州市 | 新津县 | 江北区 | 柳州市 | 都昌县 | 桦甸市 | 澎湖县 | 梅州市 | 稷山县 | 温宿县 | 即墨市 | 陇川县 | 苏尼特右旗 | 泽普县 | 辽阳县 | 安图县 | 安吉县 | 丹阳市 | 项城市 | 高密市 | 屏山县 | 临武县 | 乐清市 | 久治县 | 陆河县 | 石台县 | 大名县 | 郧西县 | 塔城市 | 新民市 | 桃源县 | 霍城县 | 龙井市 | 偃师市 | 开平市 | 炎陵县 | 黔西 | 开远市 | 隆子县 | 泸州市 | 马山县 | 邹城市 | 乐安县 | 白山市 | 崇州市 | 霍林郭勒市 | 介休市 | 京山县 | 麦盖提县 | 六安市 | 砚山县 | 霍林郭勒市 | 化州市 | 丰台区 | 萨迦县 | 玛曲县 | 南雄市 | 磴口县 | 临湘市 | 景东 | 康平县 | 淄博市 | 蓬溪县 | 隆子县 | 彰化县 | 张家港市 | 名山县 | 纳雍县 | 永城市 | 阿拉善左旗 | 太和县 |